人工芝管理機のパイオニア
ドイツSMG社
SMGの歴史は40年前、全天候弾性舗装機から始まりました。
その後、人工芝サーフェイスの誕生と共に、築き上げた経験を生かし
グラウンドの施工・管理・維持・再生張替機などの開発を手掛け
すでに20年あまりの月日が経ちました。
人工芝管理用機材は使用目的によって選ぶことが出来ます。
 
・日常おこなうメンテナンス
・定期的におこなうメンテナンス
 
シュミレーションによるSMGの機械使って施工後10年間
メンテナンスを続けたパイル地の状態に著しい劣化は
見られないという結果が発表されました。
FIFAガイダンス"Quality Concept of Football Turf"並びに
UEFAガイドラインでは、サーフェスの質・プレイヤーの安全の
ためにも、メンテナンスの必要性をSMG人工芝管理機の紹介と共に
取り上げています。
Made in Germany     SMGは世界中で活躍しています。